2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 建物が集まっている致道博物館(山形県鶴岡市) | トップページ | 加藤清正の息子が眠る本住寺(山形県鶴岡市) »

2018年3月13日 (火)

鶴岡公園の鶴ヶ岡城跡(山形県鶴岡市)

徳川四天王、酒井忠次
その孫、酒井忠勝が初代藩主となった庄内藩の中心地。
東北の外様大名の監視役としてこの地に入ったとか。

Photo_2 7

城跡は鶴岡公園として整備され、
日本さくら名所100選に加え、続日本100名城に選ばれている。

主な遺構は水堀
8 10

あとは各地に散らばっている案内板くらい。
大手門跡渡櫓跡門北門跡
27 17_2 26

本丸御殿跡に建てられた庄内神社
本丸付近に神社が建てられる王道パターン。

18 19

そこに。
石垣の石がなぜかポツンと置かれていた。
22

お城の一角。
遠目から目立つ一際レトロな建物。
12 5_2

中門跡に建てられた大寶館(1915年築 鶴岡市指定文化財)
大正天皇即位を記念して建てられた物産陳列場。
鶴岡ゆかりの人を紹介している資料館に様変わりし現存している。

11

そして。
地味に残っている長い土塁
29

数少ない遺構だけに、もう少し推してほしい。

城跡見学という視点では物足りなさを感じてしまう。
その物足りなさを隣の藩校(致道館)
致道館資料館でカバーできる観光地だった。

pencilメモ
住所…山形県鶴岡市馬場町4-7
駐車場…無料℗あり
滞在時間…40分
その他
 ①大寶館 営業時間 9:00~16:00 / 入場料 無料
 ②鶴岡公園東側に無料℗あり

« 建物が集まっている致道博物館(山形県鶴岡市) | トップページ | 加藤清正の息子が眠る本住寺(山形県鶴岡市) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603733/66381895

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴岡公園の鶴ヶ岡城跡(山形県鶴岡市):

« 建物が集まっている致道博物館(山形県鶴岡市) | トップページ | 加藤清正の息子が眠る本住寺(山形県鶴岡市) »